サッポロビール、10℃以下で色が変わる「ヱビスビール 桜デザイン缶」を2月20日全国発売

2018-02-21

サッポロビール「ヱビスビール 桜デザイン缶」

サッポロビールは2018年2月20日(金)、春限定の「ヱビスビール 桜デザイン缶」を全国発売します。

 

2本並べるとハートのモチーフが!

 

10℃以下に冷やすと缶体パッケージにデザインされた桜の花が白からピンクに変わり、一層おいしくビールを楽しめる飲みごろ合図()になるという商品です。

※ 同社ではビールを飲む際の適温として、4~8℃(冷蔵庫で5~6時間)を目安としたうえで、夏はやや低め、冬はやや高めを推奨しています。

また、今回は缶の表と裏でデザインレイアウトが変えられていて、2本並べるとハートのモチーフが現れるという、遊び心のあるデザインとなりました。

エビスビールの「冷やすとデザイン缶」は、昨年から何度か登場していて、いずれも好評だったようですね。

>2017年5月

>2017年7月

>2017年9月

お花見をはじめとした行楽や春の食卓を彩るアイテムとして、さまざまなシーンで楽しめそうです♪

 

概要「ヱビスビール 桜デザイン缶」

パッケージ
①350ml缶、500ml缶・6缶パック
②350ml缶・12缶パック
品目
ビール
発売日・地域
①2018年2月20日・全国
②2018年3月14日・全国
原材料
麦芽・ホップ
アルコール度数
5%
商品特長
・冷やすと色が変わる「桜」を基調にした晴れやかなイメージのパッケージ
・2缶並べるとハートの模様に見える遊び心のあるパッケージデザイン
価格
オープン価格
販売計画
3万8,000ケース(633ml×20本換算)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ