サッポロビール、ヱビスの「冷やすと変わるデザイン缶」と「東海道新幹線の旅<秋>」を9月に限定発売

2017-09-12

サッポロビールは2017年9月、「ヱビスビール」の限定デザイン缶2種を発売します。「ヱビスビール <冷やすと変わる>秋デザイン缶」(上写真左と中央)は9月12日(火)から全国で、「ヱビス 東海道新幹線の旅<秋>」(上写真右)は9月14日(木)からエリアと数量を限定したうえでの発売となります。

 

人気の「冷やすと変わるデザイン缶」は、紅葉の白が“紅葉色”に

「ヱビスビール <冷やすと変わる>秋デザイン缶」は、缶に描かれ“た白い紅葉”が10℃以下に冷やすと紅葉色に変化するという仕掛けが。色の変化が飲みごろ温度の合図になって、よりおいしくヱビスビールを楽しめるとのことです()。

※ 同社ははビールを飲む際の適温として4~8℃(冷蔵庫で5~6時間)を目安としていて、夏はやや低め、冬はやや高めを推奨しています。

「冷やすと変わるデザイン缶」は今までもいろいろな図柄で発売されてきましたね。


一方、「ヱビス 東海道新幹線の旅<秋>」のほうは、好評を博している「東海道新幹線オリジナルデザイン缶」シリーズの第4弾。国立西洋美術館富士山白川郷など、誰もが一度は訪れてみたいと思う各地の世界遺産と、秋を感じさせる紅葉の絵柄をあしらったデザインとなりました。

どれも秋の深まりを感じさせる落ち着いたパッケージで、グルメシーンや行楽のお供にしたくなります♪

 

「ヱビスビール <冷やすと変わる>秋デザイン缶」

 

<パッケージ>
350ml缶・500ml缶
<品目>
ビール
<発売日・地域>
2017年9月12日(火)
全国
<原材料>
麦芽・ホップ
<アルコール分>
5%
<価格>
オープン価格

 

「ヱビス 東海道新幹線の旅<秋>」

 

<パッケージ>
350ml缶
<品目>
ビール
<発売日・地域>
2017年9月14日(木)より順次
JR東海管内の(株)ジェイアール東海パッセンジャーズ、東海キヨスク(株)の各売店、および新幹線のぞみ号ひかり号の車内販売
※ 一部お取扱いのない店舗、列車があります。
<原材料>
麦芽・ホップ
<アルコール分>
5%
<価格>
オープン価格

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAlwaysLoveBeerをフォローしよう!