第1回 国際発酵・醸造食品産業展

Far Yeast Brewingが醤油樽を使ったバレルエイジドビール発売!

Far Yeast Brewing、伊勢角屋麦酒「Off Trail #19 Shoyu the Way」

Far Yeast Brewingファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2021年12月23日(木)、「伊勢角屋麦酒(いせかどやビール)」の製造販売元である二軒茶屋餅角屋本店(三重県伊勢市)とのコラボレーションにより、木製醤油樽で熟成させたという限定ビール「Off Trail #19 Shoyu the Wayオフトレイル #19 ショウユ・ザ・ウェイ)」を一般発売します。

Far Yeast Brewing公式オンラインストアでは12月14日(火)13時に先行販売を開始します。

 


伝統的な木製醤油樽を使用

⼆軒茶屋餅⾓屋本店より譲り受けた醤油樽

二軒茶屋餅角屋本店より譲り受けた醤油樽

ビール酵母以外の微生物を活かしリッチで複雑な香りを生成すべく、木樽で熟成させるバレルエイジング手法を採用した「Off Trail」ブランドの最新作は、過去に類を見ない「醤油樽熟成ビール」に。

大正12年から味噌醤油醸造を手掛けてきた二軒茶屋餅角屋本店に、醤油の仕込みに使用されていた伝統的な木製醤油樽を譲り受けたことから実現したそうです。

 

他にはない”旨味”

Far Yeast Brewing、伊勢角屋麦酒「Off Trail #19 Shoyu the Way」

スパイスの効いたサワーポーターを醤油樽で熟成させたところ、これまで味わったことのない強い旨味の加わったビールになったそう。その後サワーレッドエール樽熟成ポーターをバランスよくブレンドして完成させたとのことです。

その結果、切り出されたばかりの杉の木やカベルネソーヴィニヨンのような香りが感じられ、続いて出汁、醤油、ダークモルトといった旨味を思わせる香りが訪れるという味わいに。さらに、ほのかな酸味、穏やかな土っぽさ、バーボンの香り、バニラの香りなどが加わり、スムーズで心地よいフィニッシュに。木樽由来のタンニンが酸味とビールの味わいにバランスをもたらし、他にはないエレガントで不思議な風味を持った「旨味」溢れるビールになったとしています。

 

本商品を楽しむイベントも開催

 

また、今回の発売に合わせ、2021年1月には都内にある二軒茶屋餅角屋本店(伊勢角屋麦酒)およびFay Yeast Brewingの両直営店にて、本商品を食事と楽しむペアリングイベントを開催される運びとなりました。

伊勢角屋麦酒 八重洲店」(中央区)では1月8日(土)、「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」(品川区)では1月中旬に開催予定。両イベントにて、伊勢角屋麦酒Brew Masterの出口善一氏とFay Yeast Brewing醸造長の栁井拓哉氏によるトークセッションも行われるとのこと。イベント詳細は両社公式SNSで今後発表していくそうです。

 


「Off Trail #19 Shoyu the Way」概要

商品名
Off Trail #19 Shoyu the Way(オフトレイル #19 ショウユ・ザ・ウェイ))
販売開始日
2021年12月23日(木)
価格
オープン価格
原材料
麦芽(外国製造)、ホップ、大麦、オーツ麦、糖類、香辛料
アルコール度
8.0%
スタイル
Blend of Sour Porters and Sour Red Ales aged in Wine and Shoyu Barrels
品目
ビール
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
750ml瓶、330ml瓶、10L樽
Webサイト
Far Yeast Brewing 公式オンラインショップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!