「ふたこビール」のふたこ麦麦公社、二子玉川でブルーパブ「ふたこビール醸造所」を開業

ふたこ麦麦公社「ふたこビール」

クラフトビール「ふたこビール」を製造・販売している株式会社ふたこ麦麦公社(ふたこむぎむぎこうしゃ)は2018年11月30日(金)、同社初のブルーパブ(ビール醸造所併設パブ)となる「ふたこビール醸造所」を二子玉川にて開業します。

 

地域とのコラボによるスペシャルビールも登場

ふたこ麦麦公社「ふたこビール」

“二子玉川の顔となるクラフトビールをつくりたい”との思いから4年前に誕生した「ふたこビール」。現在は、フラッグシップブランドの「フタコエール」はじめ、「ハナミズキホワイト」や「宇奈根ペールラガー」など、4種の定番ビールが都内飲食店などで提供されています。

新たに誕生するブルーパブではその定番ビールに加え、地域焙煎所とのコラボによるスペシャルビールとして「WOODBERRY COFFEE ROASTERS」のコーヒー豆を使った限定醸造ビールなどのほか、「旅するビール」と題して、毎月世界各地から厳選したクラフトビールをゲストビールとして提供していく予定とのことです。

 

一方、フードのほうは、フードコーディネーター・みなくちなほこさん考案による「ふたこビール」に合うおつまみを提供。世田谷区の「香取農園」で朝収穫した野菜や二子玉川の老舗「須田豆腐店」の豆腐など、地域の食材を使ったこだわりメニューのほか、ランチタイムにはトマトカレーやレモンクリームカレーといった「名物ふたこカレー」などを用意するとしています。

今回の開業に併せ、同社ではクラウドファンディングもスタート。リターンについては、ブルーパブでのサービスやオリジナルグッズのプレゼントに加えて、オリジナルビールを醸造できるコースや、多摩川でのピクニックを支援するコースなど、各種ユニークな支援コースが設定されています。

 

概要「ふたこビール醸造所」

住所
東京都世田谷区玉川3丁目13番7号 柳小路 南角2階
電話
03-6411-7125(ナイスフタコ)
オープン日
2018年11月30日(金)予定
予約受付
11月下旬予定
規模
約20坪 店内25席(立食40人まで予約可能)
想定客単価
ランチ1,000円、ディナー3,500円
営業時間
11:30~23:30(ラストオーダー 23:00)
参考URL
「ふたこ麦麦公社」Webサイト
「ふたこビール」Facebookページ
「faavo」クラウドファンディングページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ