キリンビールの「Tap Marché」に伊勢角屋麦酒とFar Yeastが仲間入り!

2018-04-17

キリンビール「Tap Marché(タップ・マルシェ)」

キリンビールは2018年4月、専用の小型ディスペンサーでクラフトビールを提供する同社の飲食店向けサービングシステム「Tap Marchéタップ・マルシェ)」の取り扱いブランド拡充を発表しました。

 

合計で7ブルワリー17銘柄に

「Tap Marché(タップ・マルシェ)」

 

「“Marché(市場)”のように個性豊かで多様なクラフトビールに多くの人々が出会い、気軽に楽しめる“場”を実現することで、新しいビール文化の創造を目指す」

という取り組みが、キリンビールの「Tap Marché」。同社が開発した1台で4種のビールを提供できる小型ディスペンサーを設置して、複数のビール販売に適した3Lの小型ペットボトル容器でクラフトビールを提供するというものです。これまでは「スプリングバレーブルワリー」「グランドキリン」「ヤッホーブルーイング」「ブルックリン・ブルワリー」「常陸野ネストビール」の5ブランドからビールが提供されていました。

今回、そこに新しく加わるのが、下でご紹介する二軒茶屋餅角屋本店のブランド「伊勢角屋麦酒(いせかどやビール)」の「ペールエール」と「ヒメホワイト」、そしてFar Yeast Brewingファーイーストブルーイング)のブランド「Far Yeast」の「東京ホワイト」と「東京IPA」です。これによって計17銘柄のラインアップとなります。

「伊勢角屋麦酒 ペールエール」

伊勢角屋麦酒「ペールエール」

ビアスタイル:ペールエール
柑橘系の香りと心地よい苦みが飲み飽きないビール

「伊勢角屋麦酒 ヒメホワイト」

伊勢角屋麦酒「ヒメホワイト」

ビアスタイル:ベルジャンホワイト
天然酵母と小麦麦芽の爽やかなホワイトエール

「Far Yeast 東京ホワイト」

Far Yeast Brewing「東京ホワイト」

ビアスタイル:ウィートセゾン
エール酵母由来の華やかな香りと、小麦由来のフルーティーな香りが楽しめるセゾンスタイル。

「Far Yeast 東京IPA」

Far Yeast Brewing「東京IPA」

ビアスタイル:ベルジャンIPA
ベルジャン酵母とアメリカンホップによる華やかな香りのベルジャンIPA。

 

すでに全国で2500店舗に拡大

「Tap Marché」がスタートしたのは2017年4月ですが、早くも現在までに全国47都道府県で累計展開店舗2500店を突破したとのこと。たとえば普通の居酒屋然としたお店、あるいは一定以上の設備投資が必要なサービングシステムを設置していない店舗でも導入が進んだことで、いわゆる「クラフトビールバー」に対して、どこかで敷居の高さを感じてしまっていた層に“刺さった”のかもしれません。

こうした取り組みによって多種多様なビアスタイルを楽しむ文化の裾野が広がるのは素晴らしいことですね。

 

概要「Tap Marché(タップ・マルシェ)」

展開エリア
全国47都道府県の飲食店
展開ブランド
・スプリングバレーブルワリー
・グランドキリン
・ヤッホーブルーイング
・ブルックリン・ブルワリー
・常陸野ネストビール
・伊勢角屋麦酒
・Far Yeast(ファーイースト)
※ 伊勢角屋麦酒「ペールエール」「ヒメホワイト」は5月28日(月)より取り扱いを開始
※ ファーイースト「東京ホワイト」「東京IPA」は6月18日(月)より取り扱いを開始
容器
複数のクラフトビール販売に適した3Lの小型ペットボトル容器
専用ディスペンサー
1台で4種類のクラフトビールが提供でき、省スペースで、容易に3L小型ペットボトル容器を交換できるディスペンサー。飲食店が複数のラインアップの中から自店にあったクラフトビールを選ぶことで、料理とクラフトビールを合わせた多様な提案が可能。また、取り扱うクラフトビールを変化させることで、顧客に選べる楽しさや新しい発見を提供することも。
導入店舗
公式サイトより検索可能

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ