キリンビール、各地域でそれぞれつくった「9工場の一番搾り」を4月17日地域限定発売

2018-04-18

キリンビール「9工場の一番搾り」

キリンビールは2018年4月17日(火)、全国の9工場(※1)ごとに味の違いや個性を楽しめるビール「9工場の一番搾り」を地域限定で発売します。

※1 キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場

 

テーマは「出荷祭!地元産の一番搾り」

 

「9工場の一番搾り」は、全国9工場の各醸造長(※2)が地元の顧客とともに、地域の気質や風土・食文化に最も似合う味わいを目指して造りあげたという特別な「一番搾り」。今回は「出荷祭!地元産の一番搾り」をテーマに、“地元産”という価値にフォーカスした売場展開等を行っていくとしています。

※2:商品開発から醸造までを担当している商品開発責任者。

併せて、6月5日(火)には今回の「9工場の一番搾り」と、昨年フルリニューアルしたビール「キリン一番搾り生ビール」の飲み比べができる「9工場の一番搾り全国味めぐりセット」も全国で数量限定発売の予定となっています。

 

概要「9工場の一番搾り」

商品名
「一番搾り○○づくり ◯◯工場限定醸造」
※ ◯◯の部分が全国9工場の所在県(北海道、仙台、取手、横浜、名古屋、滋賀、神戸、岡山、福岡)
発売日
2018年4月17日(火)
発売地域
9工場所在県
容器/容量
350ml缶、中びん、(500ml缶、大びん※一部地域のみ)
販売予定数
約26万ケース(大びん換算)約3,300KL
価格
オープン価格

 

概要「9工場の一番搾り全国味めぐりセット」

商品名
「9工場の一番搾り全国味めぐりセット」
発売日
2018年6月5日(火)
セット内容
「キリン一番搾り生ビール」350ml缶3本
「一番搾り 北海道づくり」、「一番搾り 仙台づくり」、「一番搾り 取手づくり」、
「一番搾り 横浜づくり」、「一番搾り 名古屋づくり」、「一番搾り 滋賀づくり」、
「一番搾り 神戸づくり」、「一番搾り 岡山づくり」、「一番搾り 福岡づくり」 350ml缶各1本
発売地域
全国
価格
オープン価格

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ