パタゴニアから多年生穀物使った発泡酒「ロング・ルート・ウィット」

投稿日時 更新日時2019-04-28

パタゴニア「ロング・ルート・ウィット」

パタゴニア日本支社は2019年4月25日(木)、土を再生するという多年生穀物「カーンザ(Kernza®)」を用いて醸造したという発泡酒(※1)「ロング・ルート・ウィットLong Root WIT)」を発売します。

※1 麦芽使用率が50%未満のため、日本では発泡酒に分類されます。

 

「1杯のビールで、地球を救う。」

 

『1杯のビールで、地球を救う。』をコンセプトにした「ロング・ルート・ウィット」は、パタゴニアが日本では2016年秋から展開している食品事業「パタゴニア プロビジョンズ」(※2)の新製品。「ロング・ルート」とは、長い根を張る多年生穀物「カーンザ」のことで、大気中からより多くの炭素を土に封じ込め、土壌内の生物の多様性を回復させることができるとしています。

※2「環境を再生する農業や漁業をサポートすることで、故郷である地球を救う」ためにパタゴニアが展開している食品事業。現在、オーガニックのスープ、グレインズ、フルーツバー、天然のスモークサーモンやヨーロッパのオーガニック認証のとれたムール貝等、全16製品を展開。

そのカーンザを世界で初めて商品化したビールとして日本でも2017年に発売された「ロング・ルート・ペールエール」(4月25日よりロング・ルート・エールから名称変更)に続くのが、今回の「ロング・ルート・ウィット」です。

ビアスタイル(ビールの種類)はベルギースタイルの白ビール。小麦とカーンザのほか、コリアンダーとオレンジピールを加えて洋梨やコリアンダーの香りを引き出した一方、さわやかながらも飲みごたえのあるフレーバーに仕上げたとしています。

 

新商品「ロング・ルート・ウィット」

日本語名
ロング・ルート・ウィット
産地
オレゴン州のホップワークスアーバンブルワリー(Hopworks Urban Brewery)で醸造
規格
355ml
アルコール度数
4.9%
価格
440円(税抜)、475円(税込)
発売時期
2019年4月25日(木)
販売場所
パタゴニア直営店、銀座ロフト
Webサイト
パタゴニアオンラインショップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ