丹後王国ブルワリーが与謝野産ホップ100%のセッションIPA発売!

丹後王国ブルワリー「TK100-セッションIPA」

丹後王国ブルワリー(京都府京丹後市)は2021年8月23日(月)、丹後地域の与謝野町産ホップと京丹後の水でつくったという原料“丹後100%”のクラフトビール「TK100-セッションIPA」を発売しました。

 

生ホップの香りが引き立つセッションIPA

道の駅 丹後王国「食のみやこ」のビール工房で、「TANGO KINGDOM Beer」を製造・販売する丹後王国ブルワリーが、これまでのノウハウを生かして新たに完成させたという「TK100-セッションIPA」。丹後地域の与謝野町産生ホップと京丹後の水を使用した、京都初となる原料“丹後100%”のクラフトビールとしています。

ビアスタイル(ビールの種類)は飲みやすいセッションIPA。生ホップのフレーバーを最大限に引き出しつつ、IPA特有の苦みを抑え、芳醇な香りとほどよい苦みを実現したとのこと。アルコール度数も5%とそれほど高くなく、飲みやすいフレーバーが特徴としています。

 

「TK100-セッションIPA」概要

商品名
TK100-セッションIPA
発売日
2021年8月23日(月)
販売価格
660円(税込)
原材料
麦芽(ドイツ製造)、ホップ(与謝野町産)
内容量
330ml
保存方法
要冷蔵【5℃以下推奨】
販売場所
・道の駅丹後王国「食のみやこ」お土産処 丹後匠庵
・ECサイト 丹後王国こだわり市場 等
Webサイト
ECサイト 丹後王国こだわり市場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!