キリンビール、新ジャンル「キリン のどごし<生>」をリニューアルし、5月から切り替え

2018-04-14

キリンビール「キリン のどごし」

キリンビールは、同社の新ジャンル商品「キリン のどごし<生>(以下、「のどごし<生>」)」をリニューアルし、2018年5月中旬製造品から順次切り替えを行います。

 

「止渇」と「爽快さ」で高い支持

 

新ジャンルカテゴリーは、家庭用市場においてビール類販売の約6割を占めるという非常に大きな市場。同社によると、そのなかで顧客が新ジャンルに求めるニーズは多様化しているものの、「止渇(しかつ)」と「爽快さ」は依然として大きな要素だそうです。そこに応えて高い評価得ているという「のどごし<生>」は、2005年の発売以来、新ジャンル「その他醸造酒(発泡性)①」カテゴリで13年連続売上No.1()を記録しました。

※ 2005年「その他の雑酒②」、2006年~2017年「その他の醸造酒(発泡性)①」の課税出荷数量による。

今回のリニューアでルは、発売以来1,000回以上の試醸から得た知見をベースに、“「のどごし<生>」史上、最高のキレ”を実現し、爽快なうまさに磨きをかけたとのこと。パッケージのほうも「ゴクゴク爽快」という文字等で「元気感」「躍動感」を表現。リニューアル期には各種キャンペーンも実施して、リニューアルによるおいしさの向上を訴求していくとしています。

 

概要「キリン のどごし<生>」

発売地域
全国
発売日
2018年5月中旬製造品より順次切り替え
容量/容器
250ml缶、350ml缶、500ml缶、15L樽
価格
オープン価格
アルコール分
5%
酒税法上の区分
その他の醸造酒(発泡性)①
販売予定数
約3,200万ケース(400,000KL)
※ 大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場/仙台工場/取手工場/横浜工場/名古屋工場/滋賀工場/神戸工場/岡山工場/福岡工場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ