第1回 国際発酵・醸造食品産業展

岩手発、異彩放つアート作品とベアレンビールがギフトで発売!


MOON-X(東京都目黒区)は2022年9月22日(木)、岩手県盛岡市に本拠地を構えるヘラルボニーおよびベアレン醸造所とともに、「異彩のアート×クラフトビール」のギフトに関するクラウドファンディングを、「CAMPFIRE」にて開始しました。

 


障害持つアーティストの作品がビールラベルに

作品名:「雨ニモマケズ風ニモマケズ」

作品名:「雨ニモマケズ風ニモマケズ」

作品名:「Let It Be」

作品名:「Let It Be」

日本全国の知的障害のある作家・福祉施設と契約を結び、アート作品を社会に届けるさまざまな事業を展開しているというヘラルボニーは、その社会実装を通じて「障害」のイメージ変容と、福祉を起点とした新たな文化の創造を目指しているとしています。

そのなかで、知的障害のある作家が描くエネルギーあふれるアートを、クラフトビールと組み合わせてギフトにするというのが今回のプロジェクトとなります。ビールのラベルには、岩手県花巻市の「るんびにい美術館」のアトリエに在籍する岩手県出身作家、小林覚氏の「Let It Be」と「雨ニモマケズ風ニモマケズ」の2作品がデザインに起用されました。また、リターン品の関連グッズには、同美術館の作家 八重樫季良氏の作品もアートコースターやグラウラーなどのデザインとして起用されます。

 

とれたてホップ使ったピルスナーなど

MOON-X、ヘラルボニー、ベアレン醸造所「異彩のアート×クラフトビール」

本プロジェクトでオリジナルビールの醸造を担当するのはベアレン醸造所。ビールのベースはピルスナータイプで、8月に岩手県雫石町で収穫したばかりのホップが使用されました。通常、ホップは収穫後に乾燥させてペレット化(固形化)しますが、今回使用するのは収穫後すぐ冷凍保存した“フレッシュホップ”。ホップの豊かな香りをよりストレートに感じることができる特別なビールになったとしています。

また、今回のプロジェクトではノンアルコールビールも用意されました。ビールテイストを表現するために添加物や保存料を使う一般的なノンアルコールビールと異なり、麦芽とホップだけで製造した、本格的なビールの味わいが楽しめる製品としています。

オリジナルビール

品目
ビール
原材料名
麦芽(外国製造)、ホップ
内容量
330ml
アルコール分
5%

オリジナルノンアルコールビール(黒ビール)

品目
炭酸飲料
原材料名
大麦麦芽(ドイツ)、小麦麦芽、大麦、ホップ/炭酸(一部に小麦含む)
内容量
330ml
アルコール分
0%

 

グラスやコースターのリターンも

MOON-X、ヘラルボニー、ベアレン醸造所「異彩のアート×クラフトビール」
MOON-X、ヘラルボニー、ベアレン醸造所「異彩のアート×クラフトビール」
MOON-X、ヘラルボニー、ベアレン醸造所「異彩のアート×クラフトビール」
MOON-X、ヘラルボニー、ベアレン醸造所「異彩のアート×クラフトビール」
MOON-X、ヘラルボニー、ベアレン醸造所「異彩のアート×クラフトビール」
MOON-X、ヘラルボニー、ベアレン醸造所「異彩のアート×クラフトビール」

このほか、今回のクラウドファンディングのリターンには、ビールギフトのセットに加えて、“異彩のアート”をさらに楽しめるグラスコースタ―、そしてクラウドファンディング限定のアートプレートなども用意されています。

 


「異彩のアート×クラフトビール」(CAMPFIRE)


 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!