サンクトガーレン、ビールと「食べられるチョコグラス」のセットを2月1日発売

2018-02-05

チョコビールと食べられるビールグラス

サンクトガーレンは、チョコレート風味のビール「インペリアルチョコレートスタウト」と、食べることのできるチョコレート製グラスのセットを、2018年2月1日(木)より800セット限定で販売します。

 

すべての原料が黒ビールの2.5倍

サンクトガーレン「インペリアルチョコレートスタウト」

「インペリアルチョコレートスタウト」は、お菓子のチョコやカカオでなく「チョコレート麦芽」という高温焙煎したビールの原料でチョコレート風味を引き出したビールです。

チョコレート麦芽を含むすべての原料を通常の黒ビールの2.5倍以上使用していて、色合いは泡まで茶色。アルコール度数は9%と高く、フルボディの赤ワインに負けない濃厚な飲み応えを持つほか、2年間の熟成も可能だそうです。

概要「インペリアルチョコレートスタウト」

 

著名パティスリーのチョコグラスとともに

サンクトガーレン「インペリアルチョコレートスタウト」とチョコグラス

また、チョコレート製グラスのほうはチョコビールを注いで飲めるだけではなく、ビールを飲みつつグラスを一緒に食べることもできます。チョコビールは、それ自体がチョコレート風味というだけでなく本物のチョコレートとの相性も抜群ということで、今回のセットはその2つを一緒に楽しんでもらうために企画したそうです。

 

パティスリー柳正司氏

グラスは著名パティスリー柳正司(やなぎ・ただし:上写真左)氏によるオリジナル作品。ビールと相性の良いカカオを厳選し、1個ずつ手作業で仕上げました。グラスが持つカカオの香りとチョコレートビールが持つ香りの相乗効果で、「ビールを注いだときに漂う香り、口に含んだ時に鼻に抜ける香り、そして飲み終わった後の余韻までとことんチョコレート」とのこと。

ちなみに、コンビニやスーパーで売っているチョコレートは少し手で握っただけで簡単に溶けますが、それはカカオ分が少なく脂の多い「準チョコ」だから。しかし、本セットでがグラスに使用しているのはカカオ分の高い「純チョコ」のため、手で握ったくらいでは溶けないそうです。

本セットは昨年も販売されましたが、ネットショップでは約10分(!)で完売。特にネットで購入を考えていらっしゃる方は、下記の発売日時までに販売ページをあらかじめ開いて、開始時間少し前ぐらいから頻繁にページを更新していたほうが良いかもしれません。

2018年1月現在はバレンタインシーズンということもあり、同ブルワリーではインペリアルチョコレートスタウトを含む4種のチョコビールを販売しています。プレゼントとしてだけでなく自分用に購入するファンもたくさんいそうですね♪

概要「チョコレート製グラス&チョコビール」

発売日時
<ネットショップ>
2018年2月1日(木) お昼12時より公式サイトにて販売。
※ 電話での注文不可
<店頭販売>
※詳細はそれぞれの販売店にお問合せ下さい。
2月2日(火):西宮阪急 1階催場にて販売
2月3日(土):タカシマヤ5店舗(日本橋店、新宿店、玉川店、横浜店、大阪店)にて販売
※ 大阪店はバレンタイン催事場「アムール・デュ・ショコラ」、他は和洋酒売場での販売
2月5日(月):東急ハンズ新宿店 4階にて販売
2月7日(水)~14日(水) ラスカ平塚 1階 星の広場 バレンタイン催事場にて販売
※ ラスカ平塚会場では、毎日個数限定で販売
2月8日(木):そごう2店舗(横浜店地下2階酒売場、西神店4階催事場「チョコレートパラダイス」にて販売)
価格
<ネットショップ>
2,800円(送料・消費税込み)
<店頭販売>
2,376円(消費税込み)
Webサイト
公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ