サッポロビール、新ジャンル「ドラフトワン」を“お値打ちサイズ”の新容量でリニューアル発売

投稿日時 更新日時2019-03-22

サッポロビール「サッポロ ドラフトワン」

サッポロビールは、2019年5月14日(火)に同社新ジャンル商品「サッポロ ドラフトワン」を、“お値打ちサイズ”の新容量でリニューアル発売します。

 

それぞれ330mlと470mlに

サッポロビール「サッポロ ドラフトワン」

新ジャンルのパイオニアとして長年親しまれてきた本商品が、これまで好評だった爽快なのどごしはそのままに、それぞれ330mlと470mlという新容量の“お値打ちサイズ”で発売されることに。パッケージはホワイトとシルバーを基調とした背景にブルーのロゴを配置した、スッキリとした味わいを想起させるデザインとなっています。

 

「サッポロ ドラフトワン」概要

パッケージ
330ml缶・470ml缶
品目
その他醸造酒(発泡性)①
発売日
2019年5月14日(火)
地域
全国
原材料名
ホップ、糖類(国内製造)、エンドウたんぱく/カラメル色素
アルコール分
5%
商品特長
・“お値打ちサイズ”に容量変更(中味の変更はございません)。
・磨き続けてきた爽快なのどごし。
・ホワイトとシルバーの背景にブルーのロゴが映える、スッキリとした味わいを想起させるデザイン。
価格
オープン価格
販売計画
90万ケース(大びん633ml×20本換算)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ