あら塩仕立てで香り引き出した「セッション柚子エール」再び!

ヤッホーブルーイング「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 其ノ四 セッション柚子エール~あら塩仕立て~」

ヤッホーブルーイングは2020年4月1日(水)、限定ビール「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY」シリーズの第4弾「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 其ノ四 セッション柚子エール~あら塩仕立て~」を、同社公式通販サイト「よなよなの里」にて数量限定で再発売しました。

 

もっと自由に、好きなビールをつくろう

前略 好みなんて聞いてないぜSORRY」とは、ビール職人が「ビールにはもっと多様な味や個性があっていいのではないか」という考えのもと、既存のビアスタイルやレシピに捉われず、自由な発想で毎回味わいを一新して造りあげることを目指した限定ビールのシリーズです。

ネーミングには「消費者の好みを聞かずに自由に好きなビールを造っちゃうぜ!…けど、強気でごめんなさい」という想いが込められているそう。また、シリーズを通して和の食材を使用していることも大きな特徴です。

 

「香味しぼり・あら塩仕立て製法」とは?

「香味しぼり・あら塩仕立て製法」

 
本商品のアルコール度数は一般的なビールに比べると若干低めの4.5%で、ビアスタイルはドリンカビリティ(飲みやすさ)の高いセッションエールとなっています。

香味の鍵となるのは、古くから親しまれてきた和の柑橘である柚子。その果皮を、海のにがりを豊富に含んだ「あら塩」に漬け込むことで、浸透圧の変化を利用して柚子果皮の内側に閉じ込められている香り成分を引き出すことに成功したそう。

そして、ビールの発酵途中で塩漬けした柚子を投入することにより、柚子・あら塩・ホップが複雑な香りを生み出しているとのことです。

 

ヤッホーブルーイング「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 其ノ四 セッション柚子エール~あら塩仕立て~」

さらに今回は、本商品の缶製品として初めての無ろ過製品になりました。

発酵後にろ過を行わないことで、柚子の鮮烈な香りがより際立つ仕上がりになったとしています。

 

「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 其ノ四 セッション柚子エール~あら塩仕立て~」概要

アルコール度数
4.5%
原材料
大麦麦芽・小麦麦芽・ホップ・ゆず果皮・ゆず果汁・食塩
内容量
350ml
賞味期限
製造日より5ヶ月
価格
12缶3,900円(税抜・送料込み)、24缶7,200円(税抜・送料無料)
缶製品の発売
2020年4月1日(水)12時より公式通販サイト「よなよなの里」にて発売
樽製品の提供
2020年4月1日(水)より公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」にて提供開始
Webサイト
販売ページ(公式通販サイト「よなよなの里」)
「YONA YONA BEER WORKS」公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!