SVB京都でエールタイプの発泡酒が発売!麹や山椒がアクセントに

スプリングバレーブルワリー京都「Kyoto 2021」

スプリングバレーブルワリーは2021年7月16日(金)、和柑橘のフルーティーで爽やかな酸味に麹や山椒をアクセントとしたエールタイプの新商品「Kyoto 2021」を、スプリングバレーブルワリー京都(京都府京都市)にて発売します。

 

スッキリ爽快なエールタイプ

 

スプリングバレーブルワリー京都にて2017年9月のオープンより提供してきた「Kyoto 2017」をさらに進化させたという「Kyoto 2021」は、柔らかな口当たりでスッキリ爽快に仕上げたエールタイプ発泡酒とのこと。

新たな定番品として、個性がありつつも食事との相性も良い、飲み飽きない味わいを追求。アルコール度数4%でスッキリした飲み口ながら、飲みごたえを感じられるようフルーツの酸味や塩味を加えたとしています。

そうして完成した本商品は、今年実施された世界5大ビールコンペティションである「Australian International Beer Awards」でも、フレッシュな和柑橘の香り、爽快な酸味、そして飲みやすく調和のとれた味わいが評価され、Best Flavoured Specialty Beer部門の金賞を受賞したとのことです。

 

「Kyoto 2021」概要

商品名
「Kyoto 2021」
原材料
小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ、糖類(乳糖)、すだち、かぼす、米麹、塩麹、山椒
発売日
2021年7月16日(金)
提供場所
スプリングバレーブルワリー京都
容量/価格
レギュラーサイズ(360ml)/1杯930円(税込)
アルコール分
4.0%
酒税法上の区分
発泡酒
Webサイト
スプリングバレーブルワリー京都

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!