発売14年目の新ジャンル「金麦」が刷新!麦の“うまみ”を向上

サントリービール「金麦」

サントリービールは2020年12月製造分より、発売14年目となる同社新ジャンル/第三のビール商品「金麦」を、中身・パッケージともにリニューアルのうえ、順次全国で発売します。

 

シリーズの合計販売本数は130億本

2007年に発売され、2019年までの累計販売本数が130億本(※1)を突破したという「金麦」ブランド。

今回はリニューアルでは、「金麦」シリーズこだわりの素材という「贅沢麦芽」(※2)の配合比率を変えることで麦のうまみを向上させるとともに、ホップの配合も見直すことで食事と楽しめる澄んだ後味を追求したとしています。

※1 「金麦」を冠する全商品の合計出荷数量(350ml換算)
※2 「旨味麦芽」に加え、こだわりの国産麦芽を一部ブレンドしたもの

 

「金麦」概要

容量
350ml、500ml、250ml
※ 料飲店向けに樽生(10L、15L、20L)を発売。
アルコール度数
5%
希望小売価格
設定なし
発売期日
2020年12月製造分から順次
発売地域
全国
品目
リキュール(発泡性)①
Webサイト
「金麦」ホームページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!