石川酒造、東京発のビール「TOKYO BLUES シングルホップウィート」を5月11日発売

2018-05-16

TOKYO BLUES シングルホップウィート

石川酒造は2018年5月11日(金)、酒類・食品卸のコンタツと共同開発したクラフトビール「TOKYO BLUES」シリーズの第3弾となる「TOKYO BLUES シングルホップウィート」を発売します。

 

白ワインのようなネルソンソーヴィンの香り

TOKYO BLUES シングルホップウィート

写真:石川酒造 本蔵前

“真の東京クラフトビール”と銘打たれた「TOKYO BLUES」は、清酒「多満自慢」(たまじまん)を醸す創業150余年の石川酒造が、清酒造りにも使われる地下150mから汲み上げた天然水を贅沢に使用しているビールです。

今回発売されるのは、そんな同シリーズのセッションエールとゴールデンエールに続く第3弾。小麦麦芽を用いたドイツ伝統の白ビールである「ヴァイツェン」スタイルの味わいを、東京の感性で仕上げたとのことです。

小麦麦芽由来のまろやかな口当たりを引き出した一方で、ホップはニュージーランド・ネルソン地方生まれのネルソンソーヴィンを100%使用することで、白ワインを彷彿とさせる香りと“品の良い苦味”を実現。また、煮沸工程の終了間際にホップを大量投入するレイトホッピング製法も採用し、ホップの特性を一層引き立てたとしています。

 

概要「TOKYO BLUES シングルホップウィート」

発売日
2018年5月11日(金)
ビアスタイル
ヴァイツェン
原材料
小麦麦芽・麦芽・ホップ
アルコール度数
5.5%
IBU
34.4
SRM(色味)
2.04
麦芽
ウィート・ピルゼン・ミュンヘン
ホップ
ネルソンソーヴィン
小売価格
466円(税別)
Webサイト
「TOKYO BLUES」公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ