ヤッホーブルーイング、かつお節使用ビール「SORRY UMAMI IPA」を4月1日から限定発売

2018-03-01

クラフトビール「SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミアイピーエー)」

ヤッホーブルーイングは、原材料にかつお節を使用したクラフトビール「SORRY UMAMI IPA(ソーリーウマミアイピーエー)」を、2018年4月1日(日)より同社のECサイト、4月5日(木)よりビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」にて数量限定発売します。

 

新ビール定義で使用できる原材料が拡充

 

2018年4月1日の酒税法改正によって、ビールに使用できる原材料の規定が変更されます。これまで日本国内では発泡酒に分類されていた、フルーツやハーブを使用した香りや味わいが豊かな製品がビールに分類されることになります。

これによってビールカテゴリ内のバラエティが拡大。以前から個性的なクラフトビール(区分上は発泡酒)を積極的に発売して日本のビール市場に提案してたヤッホーブルーイングとしては、ビール本来の価値が一層重視されるとともに、クラフトビールの多様な味わいをより多くの人々に楽しんでもらえるのではないかとしています。

 

かつお節が発酵を促進

 

そこで今回の「SORRY UMAMI IPA」では、コリアンダーシードとオレンジピールに加えて、なんとかつお節が使用されました。狙いは、かつお節が持つうまみ成分によって酵母の働きを活性化させ、発酵を促進させること。これによって、ふんだんに使用したアメリカ産ホップのシトラスやトロピカルフルーツを思わせる香りがより一層引き立ち、華やかでジューシーな味わいに仕上がったとしています。

「ビールにかつおぶし!?」と驚くかもしれませんが、うまみ成分を味わうこと自体が目的ではなく、発酵を促進させることが目的なんですね。革新的なジャパニーズビールというメッセージを込めた「傾奇者(カブキモノ)」のパッケージデザインを含め、大きな話題を呼びそうです♪

 

概要「SORRY UMAMI IPA」

ビアスタイル(ビールの種類)
Experimental White IPA
(既存のスタイルに当てはまらない挑戦的で革新的なビール)
原材料
大麦麦芽・小麦麦芽・ホップ・かつお節・コリアンダーシード・オレンジピール
麦芽使用比率
96%以上
アルコール分
6.5%
内容量
350ml
希望小売価格
288円(税込)
発売日
2018年4月1日(日):
公式通販サイト「よなよなの里」本店・楽天市場店
2018年4月5日(木):
よなよなエール公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」
Webサイト
ヤッホーブルーイング公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ