Far Yeastと自然派ロースタリーのコラボで「コーヒーIPA」発売!

Far Yeast Brewing「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA 2020」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)は2020年3月16日(月)、人気ロースタリー「BICYCLE COFFEE TOKYO」との限定コラボビール「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA 2020(ファーイースト バイシクル コーヒー アイピーエー 2020)」を発売しました。

 

グアテマラ産とエチオピア産をブレンド

本商品は、ベルジャンIPAをベースに、サンフランシスコベイエリア生まれの自然派ロースタリーとして知られる「BICYCLE COFFEE TOKYO」のコーヒー豆を味付け・香り付けに使用したコーヒーIPAです。

2017年にコラボ第1弾が発売されて以来、毎年新商品が登場している本シリーズ。「BICYCLE COFFEE TOKYO」とのコラボ商品としては、今年1月にも「コーヒースタウト」が発売されて話題を呼んでいました。

今回発売となる「コーヒーIPA」は、グアテマラ産ダークローストと、普段BICYCLE COFFEEのブレンドコーヒーで使用しているエチオピア産のコーヒー豆を、こだわりの比率で特別にブレンド。ダークローストのエスプレッソのような香ばしい香りと、エチオピア産コーヒー豆の甘い香りが楽しめるとのことです。

また、前回のコーヒーIPAに比べ、ベースとなるIPAのホップの香りや苦味をより感じられるようレシピ設計し、漬け込み時間にもこだわったそう。「コーヒー好きな方にも、IPAビールが好きな方にも、ぜひおすすめしたいビール」としています。

BICYCLE COFFEE TOKYOについて

2009年サンフランシスコ ベイエリアで創業。「We roast quality coffee grown by sustainable farms and deliver it by bicycle」をコンセプトに、フェアトレードされた最高品質のサステイナブルコーヒーを自家焙煎し、自転車で取引先にデリバリーしているロースタリーです。日本では2013年から東京支部としてBICYCLE COFFEE TOKYOをオープンさせ、日々フレッシュなコーヒーを販売しています。

 

「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA 2020」

販売開始
2020年3月16日(月)
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽(外国製造)、ホップ、コーヒー、糖類
アルコール度
6.0%
IBU
50前後
スタイル
コーヒーIPA
醸造所
Far Yeast Brewing 源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
15Lステンレス樽及び330mlボトル
Webサイト
Far Yeast Brewing公式ECサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!