Far YeastとBICYCLE COFFEEがコラボでコーヒースタウト発売!

Far Yeast Brewing「Bicycle Coffee Stout(バイシクルコーヒー・スタウト)」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)は2020年1月30日(木)、人気ロースタリー「BICYCLE COFFEE TOKYOバイシクルコーヒー東京)」 とのコラボビール「Bicycle Coffee Stoutバイシクルコーヒー・スタウト)」を発売します。

 

グアテマラ産とエチオピア産をブレンド

 

サンフランシスコベイエリア生まれの自然派ロースタリーとして知られる「BICYCLE COFFEE TOKYO」とのコラボレーションは今回が4回目。これまで、ビアスタイル(ビールの種類)は「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA 2019」等、コーヒーIPAが中心となっていました。

これに対して今回発売する「Bicycle Coffee Stout」は、ブレンドにこだわったコーヒー豆の香りと苦味が楽しめる黒ビールグアテマラ産ダークローストと通常ブレンドで使用しているエチオピア産のコーヒー豆を特別にブレンドしたとのことです。

特徴は、ダークローストのコーヒー豆とモルト由来のエスプレッソのような香り、そしてエチオピア産コーヒー豆の甘い香り。ビターチョコレートのような味わいとコーヒーのフレーバーが広がり、しっかりとした味わいながら、後味はドライなテイストに仕上がっているとのことで、「コーヒー好きの方をはじめ、ポーター、スタウトなどの黒ビールがお好きの方に、ぜひ味わっていただきたい」としています。

<BICYCLE COFFEE TOKYOについて>
2009年にサンフランシスコ ベイエリアで創業。「We roast quality coffee grown by sustainable farms and deliver it by bicycle」をコンセプトに、フェアトレードされた最高品質のサステイナブルコーヒーを自家焙煎し、自転車で取引先にデリバリーしているロースタリーです。日本では2013年から東京支部としてBICYCLE COFFEE TOKYOをオープンさせ、日々フレッシュなコーヒーを販売しています。
BICYCLE COFFEE TOKYO公式サイト

 

「Bicycle Coffee Stout」概要

販売開始日
2020年1月30日(木)
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽(ドイツ産,イギリス産)、ホップ、オーツ麦、糖類、コーヒー
アルコール度
5.5%
IBU
45
スタイル
Coffee Stout
品目
ビール
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
330ml瓶、15Lステンレス樽
Webサイト
公式ストア

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!