Far Yeast Brewingがハスカップを使ったフルーツサワーIPL発売!

Far Yeast Brewing × 忽布古丹醸造「Far Yeast Paykar Sour IPL」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2022年3月26日(土)、忽布古丹醸造(ホップコタンジョウゾウ、北海道上富良野町)とのコラボレーションビール「Far Yeast Paykar Sour IPL(ファーイースト パイカラ アイピーエル)」を発売しました。

 


忽布古丹醸造との初コラボ

Far Yeast Brewing × 忽布古丹醸造「Far Yeast Paykar Sour IPL」

忽布古丹醸造代表の堤野貴之氏とはかねてから交流があり、今回は初のコラボレーションが実現。2021年に初めてラガースタイルで醸造したFar Yeast Brewingは、今回のコラボで「忽布古丹のきれいなラガービール」(同社)のレシピ構成や醸造技術の知見を取り入れつつ、さらに新しいラガーへの挑戦として、サワーIPL(インディア・ペール・ラガー)スタイルを選択したとのことです。

近年人気を高めているサワーIPA(インディア・ペール・エール)に対し、ラガー酵母を使ったサワーIPLは市場にほとんど流通していないそう。ラガー酵母は繊細で、他の酵母とのハイブリッドによるサワーリングが非常に難しいこともあるそうです。

 

富良野産ハスカップ&上富良野産ホップ

そのうえで、原材料には、忽布古丹醸造がレギュラー商品で使用している富良野産ハスカップと、上富良野産カスケードホップをふんだんに使用。シングルホップの豊かな香りと、すっきりクリアな飲み口のフルーツサワーIPLに仕上げたとしています。

商品名にある“Paykarパイカラ)”とはアイヌ語で「春」の意味。ハスカップの酸味と鮮やかなピンク色が春の訪れを感じさせる、これからの季節にぴったりの1本としています。

 

「Far Yeast Paykar Sour IPL」概要

商品名
Far Yeast Paykar Sour IPL(ファーイースト パイカラ

アイピーエル)
販売開始日
2022年3月26日(土)
希望小売価格
オープン価格
原材料
麦芽 (ドイツ製造、ベルギー製造)、ハスカップ、ホップ/酸味料
アルコール度
6.5%
スタイル
Fruited Sour IPL
品目
発泡酒
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
350ml缶、15L樽
Webサイト
Far Yeast Brewing 公式オンラインストア

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!