遠野産ホップ使用の「一番搾り とれたてホップ生ビール」発売!

キリンビール「一番搾り とれたてホップ生ビール」

キリンビールは2020年11月4日(水)、国内最大級のホップ産地である岩手県遠野市で今年収穫したばかりの“生ホップ”を、急速凍結して使用したビール「一番搾り とれたてホップ生ビール」を、期間限定で全国発売します。

 

収穫後24時間以内に急速凍結

ホップ収穫後に期間限定発売する商品として今年で発売17年目を迎え、累計販売本数は3億本(2019年末時点、350ml缶換算)を超えたという本商品。日本で良質なホップが栽培されているからこそ可能なホップの使い方で、とれたてホップを使ったビールのおいしさを楽しむことができるとしています。

ホップは収穫後、品質を保つため乾燥させて使用するのが一般的です。しかし、本商品では水分が含まれた状態となっている収穫したてのホップを、収穫後24時間以内に生の状態から急速凍結。その後、細かく砕いて使用する特許技術によって、フローラルでフレッシュでホップの香味を引き出したとしています。

キリンビール「一番搾り とれたてホップ生ビール」

100 年以上前にホップの国内試験栽培を開始し、日本産ホップ育成の取り組みを進めてきたというキリンビール。遠野市をはじめとした東北のホップ農家とも、半世紀以上にわたる契約栽培の歴史を経て、現在では日本産ホップの約7割を同社が購入しているそうです。

日本産ホップの生産量は2008年からおよそ10年間で446tから202tへと半減()しており、遠野市のホップもピーク時の6分の1まで生産量が減少しています。

これに対し、キリンビールは遠野市や生産者の方々と連携し、ホップ農家への積極的な支援や、日本産ホップの魅力を活用した地域活性化に取り組んでおり、昨今は「遠野ホップ収穫祭」や「遠野ビアツーリズム」の実施等、さまざまな成果が生まれています。

また、直近5年間では、こうした取り組みに賛同した20名(内12名がホップ農家)の方が遠野市へ移住されるなどしており、キリンビールの取り組みは遠野市の日本産ホップを中心とした産業活性化に大きく寄与しているとしています。

※ 出典:全国ホップ連合会「ホップに関する資料」

 

「一番搾り とれたてホップ生ビール」概要

キリンビール「一番搾り とれたてホップ生ビール」

商品名
「一番搾り とれたてホップ生ビール」
発売地域
全国
発売日
2020年11月4日(水)
容量/容器
350ml缶、500ml缶、中びん、大びん、7L樽、15L樽
※ 東北地区(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)限定で、7L樽、15L樽を発売予定
価格
オープン価格
アルコール分
5%
販売予定数
約46万ケース(5,800KL)
※ 大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、神戸工場、福岡工場
Webサイト
商品紹介ページ(キリンビール公式HP)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!