大阪市でNakatsu brewery(中津ブルワリー)が2020年初秋開業!

「Nakatsu brewery(中津ブルワリー)」

街づくりのコンサルティング等を手掛ける(株)NI-WAは2020年初秋、クラフトビールづくりを通じた新たなコミュニケーションをテーマに、ビール醸造所「Nakatsu brewery中津ブルワリー)」をオープンすると発表しました。

 

ODMでオリジナルビールを醸造

「Nakatsu brewery(中津ブルワリー)」

醸造所の手前は「ハイパー縁側」のコミュニティ広場

オリジナルのクラフトビール醸造を通じ、仲間との協働、感動の共有といった共感体験を醸成し、地域コミュニティ活性化の一助になることを目指すというNI-WA。

場所は大阪梅田に隣接するエリア、中津にある築55年の西田ビル地下駐車場。ODM(Original Design Manufacturing)方式によるオリジナルクラフトビール醸造により、委託者である顧客に、企画、レシピづくり、製造までの協働体験を提供していくとしています。

また、同社ではビルの屋上や街なかのプランター、あるいは近郊の畑などで、ビールの原料であるホップを自分たちで栽培・収穫するところから一緒に取り組むプロジェクトも実施予定とのこと。

ホップ栽培や収穫時以外にも、オンライン上で生育状況の共有や、プロによる季節ごとの栽培方法指導などを行い、離れていても「共に育てる」「共に学ぶ」ことで仲間と繋がることができるとしています。

「Nakatsu brewery(中津ブルワリー)」

醸造責任者:鈴木悟氏

【醸造家からのメッセージ】鈴木 悟
私が初めてクラフトビールを飲んだのは2014年ごろ。当時は恥ずかしながら銘柄やスタイルもチンプンカンプンでしたが、100種類を超えるビアスタイル、訪れるブルワリーの皆さんのオープンマインドな人柄、その場に集う面白いお客さん。そこにはワクワクする雰囲気があり、次第に惹かれていきました。
 大勢の方々とホップを街なかや郊外で育て、収穫の喜びを分かち合う乾杯を重ねる度に、徐々に共感・賛同して下さる方が増え、 中津ブルワリー開設に至りました。まだまだ未熟者ではありますが、美味しいクラフトビール造りを通じて、皆さんと世の中に明るい話題を提供していきたいと思います。

ブルワリーでは8月29日(土)にトークセッション&フリービールの提供を行うオープニングイベント開催も予定。入場無料で、オンラインでもトークセッションの生配信を行うそうです。

Nakatsu brewery オープニングイベント

イベント概要
日時 2020年8月29日(土)10:00~20:00
※ 入場無料
※ 中津ブルワリーの作業の様子やゲストの最新情報をお届けします。
※ Facebookページからトークセッションのライブ配信も行います。配信日時にアクセスしてご視聴ください。
Webサイト
Facebookイベントページ

 

「中津ブルワリー」施設概要

施設名
「Nakatsu brewery(中津ブルワリー)」
グランドオープン
2020年初秋を予定
住所
大阪市北区中津3丁目10-4西田ビルB1F
営業時間
不定期(各種SNSの投稿をご確認ください)
※ ODM醸造がメインとなりますので常時販売は行っていません。
提供内容
ODM brewing(オリジナルクラフトビール受託醸造)・販売
※ 企画、レシピづくり、醸造価格はお問い合わせください。
※ 醸造量は200ℓより承ります。(330mlビン換算で約600本)
醸造責任者
鈴木悟
Webサイト
Instagram
Facebook
Webサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!