サンクトガーレン、桃のフルーツビールと、ブルワリー史上最大量ホップ投入の“NE-IPA”を限定発売

2017-09-04

サンクトガーレンは、山梨県産の桃300㎏を投入したフルーツビール「甘熟桃のエール」と、同ブルワリー史上最大量のホップを投入したビール「Golden Haze IPA(ゴールデンへイズアイピーエー)」の2種を、本日2017年8月30日(水)から9月3日(日)まで開催される「けやきひろば秋のビール祭り」、そして9月29日(金)~10月15日(日)に開催される「横浜オクトーバーフェスト」にて樽生限定販売します。

 

フルーツビールは“はねだし桃”、小麦麦芽、そしてベルジャンエール酵母を採用

フルーツビール「甘熟桃のエール」が生まれたのは昨年のこと。収穫時期前の5月から30度超えの日が続き、十分に育たないまま熟した桃が大量発生してしまった農家さんのSOSを、サンクトガーレンがSNSで見かけたことがきっかけだったそうです。

そして今年も同じ農家さんから買い取った規格外の桃を使用。逆に今夏は雨や曇りの日が続いたことで桃が色づくのに必要な日差しが少なくなり、収穫期を迎えた桃の色づきが遅れる現象が発生しました。このため、赤くなるまで収穫を延ばしたことで実が熟しすぎてしまったり、雨で皮がぬれて茶色く変色してしまったりしていたそうです。サンクトガーレンは、そんな“はねだし(規格外)桃”を買い取り、スタッフが1個1個、種を取り細かく切って仕込みに投入していきました。

 

昨年は1日1000杯完売! 今年はイベントごとに異なる桃品種がメインに

併せて、「甘熟桃のエール」では大麦より柔らかくトロリとした飲み口を表現できる小麦麦芽を使用。酵母もサンクトガーレンが普段使用するアメリカンエール酵母でなく、果実を思わせる甘くフルーティーな香りを醸すベルジャンエール酵母を使用したそうです。そうして醸造された無濾過の白濁したビールから漂う香りは甘い桃そのもの。大人のピーチネクターのような味わいになったとしています。

このフルーツビール、昨年は「横浜オクトーバーフェスト」8000杯分を用意したものの1日1000杯という予想を超えるペースで売れたため、最後は1日の提供数を限定する事態になったそう。そこで今年は3倍量を準備。また、桃は時期によって品種が変わるため、「けやきひろば秋のビール祭り」向けでは、主に硬めの果肉とジューシーな甘さが特徴の”あかつき”という品種を、そして「横浜オクトーバーフェスト」向けでは、甘酸調和のとれた味わいで桃特有のとろみ感が強い”ゆうぞら”という品種がメインになるそうです。

 

NE-IPAは、同ブルワリーのIPA比でさらに約3倍のホップを投入

一方、同ブルワリー史上最大量のホップを使用したのが「Golden Haze IPA」。アメリカ北東部で誕生し、ヨーロッパにも広がったIPAの派生スタイル「New England IPA(ニューイングランドアイピーエー、以下、NE-IPA)」を踏襲したビールです。

こちらも昨年春のイベントで限定提供して大好評だったため、秋のイベントシーズンに向けて再醸造。今回は、より柔らかい口当たりを求めてオーツ麦の量を増やし、マンゴーのような香りが特徴の”モザイク”ホップ、そして新たにパイナップルやシトラスのアロマをもつ”エキノックス”というホップを追加して、香りに奥行きを与える等のリニューアルを施しました。

 

麦汁煮沸後にホップを投入 トロピカルジュースのような濁った見た目と味わいに

Golden Haze IPA をつくった後の釜はホップの粕がべったり

一般的に、IPAは大量のホップに由来する強い苦味と香りが特徴。昨今のクラフトビールブームを牽引するスタイルとも言われ、サンクトガーレンでも「YOKOHAMA XPA(ヨコハマエックスピーエー、以下、XPA)」というIPAを醸造しています。しかし「Golden Haze IPA(NE-IPA)」は「XPA(IPA)」のさらに約3倍(!)におよぶホップを使用しているそう。

ただし、NE-IPAは大量のホップを使う一方で苦味は控えめであることも特徴です。理由はホップの使い方。通常、ホップは麦汁の煮沸行程で段階的に加えますが、NE-IPAの仕込みにおいて、麦汁の煮沸時に投入するホップはごく僅か。ほとんどのホップは、理論上ホップの苦味が抽出されない麦汁煮沸後に投入されるそうです。

また、NE-IPAは盛大に使ったホップのために濁っていることも特徴の1つで「Hazy IPA」とも呼ばれます。トロピカルな香りのホップをメインに使用していることもあり、液の濁りと相まってトロピカルジュースのような印象としています。

今回の限定ビール2種が樽生で飲めるチャンスは、基本的には「けやきひろば秋のビール祭り」と「横浜オクトーバーフェスト」のイベント2回(フルーツビールは余裕があればボトル販売も検討しているそうです)。どちらも飲み逃しなく!

 


「甘熟桃のエール」
「Golden Haze IPA」
販売場所・価格


「けやきひろば秋のビール祭り」
サンクトガーレンブース

<日程>
2017年8月30日(水)~9月3日(日) 
<場所>
さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ
<価格>
Lプラカップ 約530ml 600円
Mプラカップ 約400ml 500円
<Webサイト>
サンクトガーレン公式サイト

「横浜オクトーバーフェスト」
サンクトガーレンブース

<日程>
2017年9月29日(金)~10月15日(日)
<場所>
横浜赤レンガ倉庫
<価格>
500mlグラス 1,100円
420mlマグ 800円
<Webサイト>
サンクトガーレン公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ