サッポロビール、北海道命名150年を記念し「サッポロ 北海道生ビール」を道内で発売

サッポロビール「サッポロ 北海道生ビール」

サッポロビールは2018年7月3日(火)、今年の北海道命名150年を記念して「サッポロ 北海道生ビール」を北海道で数量限定発売します。

 

北海道産の大麦麦芽とホップを使用

サッポロビール「サッポロ 北海道生ビール」

今年2018年に命名150年の歴史的節目を迎る北海道。サッポロビールの前身である「開拓使麦酒醸造所」は1876年に北海道で設立されていて、同社にとって北海道はゆかりの地になります。そこで同社も今回、1990年に発売して好評を得ていた「サッポロ 北海道生ビール」を復刻することとなりました。

本商品は道産の大麦麦芽とホップを使用したほか、1.0℃以下でビールを熟成させる同社の「氷点下熟成製法」のなかでも最も低い温度(※1)で熟成せることにより、雑味のないすっきりとしたおいしさを実現したとしています。

※1:2018年5月現在販売中の同社ビールテイスト比

また、今回サッポログループは命名150年を迎えた北海道に対する感謝の気持ちとして、本商品による売り上げの一部を「北海道150年事業」(※2)に「企業版ふるさと納税」(※3)として寄付するとしています。

※2:北海道命名150年を迎え、道民や関係団体、民間企業等がさまざまな「パートナー事業」や「北海道みらい事業」を展開する取り組み。サッポロビールは「北海道150年事業」のパートナー

※3:企業が国の認定を受けた地方創生事業に対して寄付を行うこと

 

概要「サッポロ 北海道生ビール」

パッケージ
350ml缶・500ml缶
品目
ビール
発売日・地域
2018年7月3日・北海道限定
原材料
麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ
アルコール分
5.5%
中身特長
北海道産大麦麦芽とホップのうまみを引き出した、すっきり爽やかな飲み口の生ビール。
価格
オープン価格

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ