千葉市&足利市の市制100周年記念ビール「あしたのみち」発売!

幕張ブルワリー「あしたのみち(足楽味千)」

幕張ブルワリー2021年7月1日(木)、千葉県千葉市と栃木県足利市の市制100周年を祝し千葉大学および潮風ブルーラボ(千葉県千葉市)と共同で開発・醸造したというクラフトビール「あしたのみち」(足楽味千)を、約2,000本の数量限定で発売します。6月1日(火)から一部店舗ではボトル事前予約の受付もスタートしました。

 

栃木産押し麦を使ったセッションIPA

本商品は、今年でともに市制100周年を迎える千葉市と足利市のさらなる発展を祈念し2021年2月に始動したという醸造プロジェクトから生まれたビール。売り上げの一部は足利市山林火災への支援および千葉大学基金に寄付される予定となっています。

レシピは千葉市のビアパブ兼ファントムブルワリー(自社設備を持たないブルワリー)「潮風ブルーラボ」のプール・クリス醸造マスターと、千葉大学大学院理学研究院の萩原学教授(足利市出身)が学生の意見を取り入れながらアイデアを出し合い創り上げたそう。また、醸造は千葉市内の幕張ブルワリーで行われ、仕込みやラベルデザインには千葉大学の有志学生が携わったとのことです。

ビアスタイル(ビールの種類)はセッションIPA。日本有数のビール麦産地である栃木県産の押し麦を使用することで麦の香りをより高めつつ、きめ細やかな泡立ちを狙ったとのこと。また、ホップは「100周年」を意味する「Centenial」ほか4種を使用し、柑橘系の爽やかさを持ちながらもフローラルで豊潤な香りを引き出したとしています。

 

「あしたのみち」概要

幕張ブルワリー「あしたのみち」
商品名
あしたのみち
ビアスタイル
Session IPA
アルコール度数
5.5%
IBU(国際苦味単位)
35
発売日
2021年7月1日(木)
原材料
麦芽、大麦、ホップ
ボトル販売
容量:330ml
価格:650円(税込)
取扱店舗:
・(千葉大学)千葉大学生協ライフセンター(事前予約・店舗受渡のみ)
※ 予約方法は下記の千葉大学生協ホームページをご確認ください。
https://www.univcoop.jp/chiba-u/news_4/news_detail_211717.html
・(千葉市内)幕張ブルワリー
・(足利市内)大麦工房ロア 朝倉総本店、足利浪漫の会加盟店(酒道庵 武井酒店、オレンジショップいいだ、㈱丸川屋、大黒屋酒店、佐川酒店、酒のなかむら、有限会社和泉屋)
※ 葉大学以外の取扱店舗での予約・購入方法につきましては、各取扱店舗まで直接お問い合わせください。また、予約店舗の最新情報は千葉大学ウェブサイトにも掲載します。
https://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/info/_100.html
店内飲食提供
・幕張ブルワリー(千葉市美浜区)
・潮風ブルースタンド(千葉市中央区)
・くつろぎ処Caféまとい亭(千葉市中央区)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!