多摩川流域15ブルワリー=TABAがオーディオガイドをリリース!

TABA:TAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCE

株式会社epigramエピグラム)は、同社が運営する「TABATAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCE、略称:タバ)のオーディオガイドを、トラベル音声ガイドプラットフォーム「ON THE TRIP」にてリリースしました。

 


各ブルワリーの“物語”を音声で

TABA:TAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCE

TABAは、多摩川流域に点在するクラフトビール醸造所(以下、ブルワリー)の新たな販路開拓や営業強化を支援するプロジェクト。

今回リリースされるガイドは、そんなTABAに参加する15のブルワリーを“聴いて味わう”というもので、各ブルワリーに丹念な取材を重ね、それぞれの魅力や特徴に合わせて構成した物語を“音声”で楽しめるコンテンツになったとしています。

ON THE TRIPとは
「あらゆる旅先を博物館化する」をコンセプトに、地域の文化財や観光スポット、寺社仏閣から芸術祭や美術館まで、行った時にその場てダウンロードして楽しめる、日本初のオーディオガイドプラットフォーム。多言語対応により世界中からの利用が可能となっており、コンセプチュアルなストーリーテリングで「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」それぞれの体験を提供します。
https://on-the-trip.net/

 

TAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCEとは

TABA:TAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCE

TAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCEは、川崎・多摩川地域のブルワリーが集結し、新しいファンを獲得するための「動き」をつくるというプロジェクト。出張販売やポップアップストア、オンライン販売、作り手の個性がわかる読み物、ブルワリー巡りための聴くガイドなど、ユニークなクラフトビールの楽しみかたを提案していくとしています。

愛称は“TABA(タバ)”。かつて上流の「丹波川(たばがわ)」から人が下ることに従って訛った結果が「多摩川」になったという説があることと、流域のブルワリーを「束(たば)ねる」という意味もかけているそうです。

2022年以降のポップアップ出店スケジュール(予定)

2022年1月8日(土)~18日(土):玉川高島屋
2022年2月4日(金)~13日(日):ららテラス武蔵小杉

※ その他、川崎市内、都内某所のマルシェや商業施設、周辺で開催されるイベントなどへの出店も準備中。

「TABA」プロジェクト基本情報

TABA:TAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCE
名称
TAMAGAWA ALL BREWERIES ALLIANCETABA(略称:TABA=タバ)
実施
株式会社epigram
連携
サニーワンステップ株式会社
後援
川崎市 経済労働局 産業振興部 商業振興課・観光プロモーション推進課/まちづくり局 拠点整備推進室
参画
15ブルワリー(川崎市内6ブルワリー/東京都内9ブルワリー)

※ TABAの名称に含まれる“ALL”は今後の発展、理想形の表現、想いを込めたもので概念的な表現です。参画ブルワリーが多摩川エリアにおける、全てのブルワリーを示すものではありません。

Webサイト
公式サイト
Facebook
Instagram

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!