第1回 国際発酵・醸造食品産業展

“映画を鑑賞したビール”? テアトルシネマが「銀幕麦酒」2種発売!

テアトルシネマグループ「銀幕麦酒 IPA」「銀幕麦酒 WHITE BEER」

映画の興行事業などを行うテアトルシネマグループは2022年7月16日(土)、同社限定のオリジナルクラフトビール2種「銀幕麦酒 IPA」「銀幕麦酒 WHITE BEER」を、東京、埼玉、大阪、京都などの劇場で発売しました。

 


スタイルはIPAとホワイトエール

テアトルシネマグループ「銀幕麦酒 IPA」「銀幕麦酒 WHITE BEER」

「映画好きな大人が映画館でより映画を楽しめるように」と、新たに商品化された今回のビール。ビアスタイル(ビールの種類)は特に特に人気の高いIPAホワイトエールとなりました。

今回の目玉企画として、販売するすべての「銀幕麦酒」は販売前に座席で映画を鑑賞(!)させていて、“クラシック音楽を聴かせたワイン”ならぬ“映画を鑑賞したビール”として発売するそう。「各劇場の一押し作品を鑑賞して、のど越しがアップした??貴重な銀幕麦酒を楽しんで欲しい。ただし、銀幕麦酒からのネタバレがあった場合の責任は負いかねます・・・」とのことです。

銀幕麦酒 IPA

テアトルシネマグループ「銀幕麦酒 IPA」

透明感のある旨味とガツンと響く苦味を柔らかなホップの香りが包み込み、フィルムノワールの中にある、ふとした安心感のある一場面を連想させるという本商品。3種類のモルトと4種類のホップが複雑に絡み合いながらも、まとまりのあるクリアな後味で癖になる味わいに仕上がったとしています。

銀幕麦酒 WHITE BEER

テアトルシネマグループ「銀幕麦酒 WHITE BEER」

まるで、甘酸っぱい青春映画の一場面を連想させるという本商品は、原料に大麦麦芽と小麦麦芽を原料とするホワイトエール。オレンジピールやコリアンダーなどを加えて、さわやかな酸味、甘味で独特で深い味と香りを引き出しているとのこと。すっきりとした透き通るような味わいなので、苦味が苦手な方はぜひ試して欲しいとしています。

 


「銀幕麦酒」販売情報

販売価格
900円(税込)
販売劇場
ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋、キネカ大森、新所沢レッツシネパーク、テアトル梅田、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、アップリンク京都
Webサイト
テアトルシネマグループ公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!