アサヒビール、“家飲み”需要に限定醸造エール「アサヒ富士山」発売

2019-05-23

アサヒビール「アサヒ富士山」

アサヒビールは2019年4月23日(火)、イオンとの共同開発による国産原料100%の限定醸造エールビール「アサヒ富士山」(缶350ml)を、全国イオングループの酒取扱店にて発売します。

 

国産の麦芽とホップに、富士山の伏流水

アサヒビール「アサヒ富士山」

令和への改元による祝賀ムードやゴールデンウィークの10連休による家飲み需要の高まりが見込まれるなか、テストマーケティングの一環として発売される本商品。国産麦芽国産ホップ富士山の伏流水で育った米だけを厳選して使用した、国産原料100%の“ジャパニーズプレミアムエール”とのことです。

特徴は、華やかな香りが特長となる上面発酵酵母の採用によるまろやかな口あたり。また、厳選した国産原料の個性を最大限引き出すことで、絹のようになめらかでやわらかい味わいを実現したとしています。

 

新商品「アサヒ富士山」

品目
ビール
原材料
麦芽(大麦(国産))[]、ホップ、米

※ 平成29年9月1日から食品表示法が施行され、法改正の主旨に基づき表示を変更しています。

アルコール分
5.5%
発売日
2019年4月23日(火)
発売品種
缶350ml 6缶パック
販売数量
64,000ケース(350ml缶×24本換算)
数量限定販売、なくなり次第終了
発売地域
全国のイオングループの酒取扱店
販売価格
オープン価格
製造工場
名古屋工場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ