アサヒビール、高アルコールのレモングラス入りビール「グランマイルド」を4月発売

2018-04-24

アサヒ グランマイルド

アサヒビールは2018年4月17日(火)、ビールの新しい需要創出を目指したとするアルコール度数7%のビール新商品「アサヒ グランマイルド」を全国で新発売します。

 

2つの技術で“くつろぎの飲用”を

レモングラス

レモングラス

アサヒビールが新商品で追求したのは「時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値」とのこと。そのためのニーズとして、おいしさの持続性高アルコールの2点を挙げています。ただ、従来の高アルコールビール類は、時間の経過とともに“もったり”とした穀物香やアルコール臭が際立ってくるため、時間をかけて楽しむことが難しかったといいます。

この課題に対応して同社は今回、2つの特許技術を活用しました。1つは、昨年2017年に話題となった酒税法改正により、2018年4月1日から適用される定義変更で「ビールでも使用可能となる副原料」を使うこと。具体的にはレモングラスを用いて香気をコントロールし、主に“もったり”とした穀物香を低減したとしています。

そして、もう1つは原料となる麦芽からアルコール臭を抑制する効果のある成分を抽出する技術。この2つの技術によって食後などの“くつろぎシーン”と相性の良い、柔らかなコクが続く味わいを実現したとしています。

 

今年は副原料を使うビールが次々登場?

 

これまではレモングラスやコリアンダーといった副原料に用いると、税区分は「ビール」でなく「発泡酒」とされてしまいました。しかし、それが酒税法改正によって4月からはビールとして取り扱われます。

この点については、また別エントリーでもう少しだけ詳しくご案内したいと思っていますが、いずれにしても、アサヒビールは今回の定義変更を好機ととらえ、新素材の積極的な活用等を行っていくとのこと。

シェア1位の同社が今回のような動きを見せてきたということは、今後、キリンビール、サントリービール、サッポロビールも同様の動きを見せて、2018年は各社ビールのラインナップがかなり拡充されるかもしれませんね♪

 

概要「アサヒ グランマイルド」

品目
ビール
発売品種
缶500ml、缶350ml
アルコール度数
7%
原材料
麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ、レモングラス
発売地域
全国
発売日
2018年4月17日(火)
製造工場
茨城工場、神奈川工場、四国工場、博多工場
価格
オープン価格
販売目標
150万箱
※ 1箱は大瓶633ml×20本で換算

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ