「生ジョッキ缶」がリニューアル発売!生産能力も2021年の5倍に

アサヒビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

アサヒビールは2022年3月29日(火)、開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような体験が楽しめる製品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」をリニューアル発売します。4月以降は4月26日(火)5月24日(火)に数量限定発売予定となっています。

 


昨年は人気に供給が追いつかず

本商品は、缶体上部のプルトップを引き上げると缶体上面がすべて開く構造になっており、開栓するときめ細かな泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで樽生ビールを飲むような体験ができるというビール製品です。

2021年4月の販売開始直後からメディアやSNSでも大きな話題となり購入が殺到。想定を上回る販売数量見込みに対して供給が追いつかず異例の販売休止となったのち、以降は1ヶ月に1度の数量限定販売が続いている状態でした。そこで現在は生産体制の強化も行っており、2022年の年間製造可能数量は昨年の5倍となる約1,290万箱()になるとしています。

※ 大びん633ml×20本で換算。実数では約2,000万箱。

 

アサヒビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

そのうえで、今回のリニューアルでは缶胴資材の改善によって開栓時の泡立ちを向上させたほか、飲み口全体が泡で覆われるまでの時間を半減。中味は、特長となる“辛口”のコンセプトはそのままに、“キレのよさ”も維持しながら“飲みごたえ”を向上させたとしています。

 

「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」概要

商品名
アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶
品目
ビール
発売品種
缶340ml
アルコール分
5%
純アルコール量
13.6g
発売日
2022年3月29日(火)、4月26日(火)、5月24日(火)
※ 2022年3月28日現在の予定となります。
製造工場
茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、博多工場
発売地区
全国
価格
オープン価格
Webサイト
「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」公式ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!