Far Yeast Brewing東京醸造所初の自社醸造ビールは“SMASH”!

Far Yeast Brewing「Gotanda Smash(ゴタンダスマッシュ)」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)は2021年1月30日(土)、東京・五反田の直営店「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」にて、店舗併設ブルワリー「Far Yeast Brewing 東京醸造所」で醸造した初のビール「Gotanda Smashゴタンダスマッシュ)」の提供を開始しました。

 

王道のアメリカンIPAが完成

2020年10月にオープンした「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」は、同社基幹ブランド「馨和 KAGUA」「Far Yeast」をはじめ、国内外のクラフトビールを樽生で、グリル料理とともに楽しめるレストランです。

 

「Gotanda Smash」は、そんな同店併設ブルワリーで醸造した初のビールで、ビアスタイル(ビールの種類)は王道のアメリカンIPA。グリル料理と好相性な苦味の効いたモルティな味わいで、ベルギー酵母を使った同社定番のベルジャンIPA「Far Yeast 東京IPA」との飲み比べも楽しめるとしています。

Smash」とは、Single Malt and Single Hopの略で、1種類のモルトと1種類のホップで造られたビールです。モルトとホップの個性が最大限に引き立つビールで、今後は仕込みごとに使用モルトとホップの種類を変えていくことで、さまざまな味わいが堪能できるようにするとしています。

今回は、モルトが甘く香ばしい味わいの「Maris Otter(マリスオッター)」、ホップは穏やかなホップ香が特長の「Cashmere(カシミア)」をセレクトしたそうです。

 

Far Yeast Brewing「Gotanda Smash(ゴタンダスマッシュ)」

「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」

本商品の提供は当面「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」限定となりますが、今後は他の同社直営店「Yakiniku & Craft Beer 田」(熱海)、「BEERHOLIC」(福岡)や、一部飲食店でも提供予定とのこと。

「Far Yeast Brewing 東京醸造所」は、仕込み量で山梨県小菅村の本社工場「Far Yeast Brewing 源流醸造所」の約1/10となる小規模醸造設備。今後は店内限定ビールの醸造に加えて、実験的なビールの少量醸造や、飲食店様などから依頼のあったオリジナルビールの醸造などで活用していくとしています。

 

「Gotanda Smash」概要

商品名
Gotanda Smash(ゴタンダスマッシュ)
販売開始日
2021年1月30日(土)
スタイル
American IPA
原材料
麦芽(イギリス製造)、ホップ
アルコール度
6.5%
品目
発泡酒
醸造所
Far Yeast Brewing 東京醸造所 (Far Yeast Brewing Tokyo Brewery)

 

「Far Yeast Tokyo Brewery & Grill」概要

店舗名
Far Yeast Tokyo Brewery & Grill(ファーイーストトーキョー ブルワリーアンドグリル)
住所
東京都品川区西五反田1-15-6
アクセス
JR山手線五反田駅徒歩3分
都営浅草線五反田駅徒歩5分
東急池上線大崎広小路駅徒歩3分
営業時間
平日 11:30~15:00、17:00~23:00
土日 11:30~23:00
<2月7日までは下記時間で営業中 ※ 状況により変更の可能性があります>
平日・土日共に 11:30~20:00(L.O.19:00)
定休日
無休
座席
最大105席(店内75席、テラス席30席)
Webサイト
Far Yeast Tokyo(Instagram)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!