アサヒビール、国産リンゴ使用の「ニッカシードル紅玉リンゴ」を4月3日限定発売

2018-03-15

アサヒビール「ニッカシードル紅玉リンゴ」

アサヒビールは2018年4月3日(火)から2018年6月末まで、限定醸造のスパークリングワイン「ニッカ シードル紅玉リンゴ」を、全国で期間限定販売します。

 

糖類・香料・着色料無添加で幅広い人気

 

「ニッカ シードル紅玉リンゴ」は、甘酸っぱい「紅玉リンゴ」のみずみずしい味わいが楽しめるスパークリングワイン。青森県を中心に、東北で収穫されたリンゴ100%で醸造されています。

もともと「ニッカ シードル」は、20代のアルコールエントリー層から日頃スパークリングワインを愛飲している層まで、幅広く支持を得ているシリーズ。アルコール度数は2~5%と飲みやすく、糖類・香料・着色料無添加で仕上げていることもあり、製法や原料の品質を重視する層からも評価を得て、2017年の販売数量も前年比101%と好調だったそう。

最近はクラフトビールファンのなかでも「ハードサイダー」というジャンルの存在感が日増しに高まっていますね。今後は継続的に、シードルまたはハードサイダーの情報も当サイトでフォローしていきたいと思います。

 

概要「ニッカ シードル紅玉リンゴ」

発売日
2018年4月3日(火)
※ 2018年6月末までの期間限定発売
品目
果実酒(発泡性)①
容器・容量(荷姿)
びん720ml(1箱は12本入)
びん200ml(1箱は24本入)
アルコール分
3%
発売地域
全国
製造工場
ニッカウヰスキー(株)弘前工場
価格
オープン価格
Webサイト
「ニッカ シードル」ブランドサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ