ノースアイランドビールが土佐文旦を使ったホワイトエール発売!

ノースアイランドビール「文旦WHITE(ぶんたんホワイト)」

ノースアイランドビール」の製造・販売元であるSOCブルーイング(北海道江別市)は2021年3月13日(土)、江別市の友好都市である高知県土佐市名産の「土佐文旦」と、江別産小麦「ハルユタカ」を使った限定ビール「文旦WHITEぶんたんホワイト)」を限定発売します。

 

品で爽やかな香りのホワイトエール

土佐文旦
土佐文旦(写真はイメージです)

昭和53年に土佐市と友好都市提携を行った江別市では、かねてより南国土佐の文旦が市民に親しまれていた背景があり、SOCブルーイングも2020年4月、新型コロナの影響で売れ残っていた土佐文旦を購入し、「文旦WEIZEN」(ぶんたんヴァイツェン)を製造・販売していました。

再び土佐文旦を活用することとなった今回の醸造では、土佐文旦の香りをより生かすことの出来るホワイトエールにビアスタイル(ビールの種類)に変更のうえ、商品名も「文旦WHITE」にリニューアルされました。

 

ビアバーノースアイランド(Beer Bar NORTH ISLAND)
札幌市中央区の直営店「Beer Bar NORTH ISLAND」では3月12日(金)に本商品を樽生で先行発売の予定

そうして仕上がった本商品は、南国高知県の太陽の恵みを浴びて育った「土佐文旦」と、北の大地で育った江別産小麦「ハルユタカ」が合わさった、シトラスの上品で爽やかな香りのホワイトエールに。

約50kgの土佐文旦を手作業で皮と果肉に分け、果肉はプレスして果汁を抽出。果汁によるジューシーなうま味と自然な甘みに加え、香気成分がたっぷりと含まれている皮を漬け込むことにより土佐文旦の特長でもある上品なシトラス香を引き出したとのこと。苦みと甘みは控えで、スッキリと味わえるフルーツビールに仕上げたとしています。

 

「文旦WHITE」概要

ノースアイランドビール「文旦WHITE(ぶんたんホワイト)」
商品名
文旦WHITE(ぶんたんホワイト)
品目
ビール
発売日
2021年3月13日(土)
パッケージ
330ml瓶
原材料
麦芽(ドイツ製造)、小麦(江別産)、土佐文旦、ホップ
スタイル
フルーツホワイトエール
アルコール分
5%
IBU
5
参考価格
560円(税抜)
販売場所
工場直売(土曜・祝日のみ)
Beer Bar NORTH ISLAND(中央区南2西4)
他 取扱店
Webサイト
オンラインショップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!