「オールフリー」刷新!“4つのゼロ”はそのままに味わいUP 

サントリービール「オールフリー」

サントリービールは2020年12月製造分より、発売11年目を迎えた同社ノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」を、中身・パッケージともにリニューアルのうえ、全国で順次発売します。

 

1-11月の販売数量は対前年108%

サントリービールによると、ノンアルコールビールテイスト飲料市場は年々伸長しており、2019年の市場規模は10年前の約4倍にまで拡大。「オールフリー」ブランドは、そうした社会の変化に伴うニーズの拡がりに応え続けており、今年も1-11月の販売数量は対前年108%と好調に推移しているとのことです。

これを受けて、今回のリニューアルでは、“ビールを飲めない時の代替品”でなく、“何も気にせず気楽にリフレッシュできる”ノンアルコールビールテイスト飲料を目指し、中味・パッケージを刷新。

アルコール度数0.00%」、そして「カロリーゼロ※1」「糖質ゼロ※2)」「プリン体ゼロ※3)」の機能はそのままに、「オールフリー」の特長である“ぐっとくるのどごし”と“キレの良い後味”をさらに向上させたとしています。

※1:食品表示基準に基づき、100mlあたり5kcal未満を「カロリーゼロ」としています。
※2:食品表示基準に基づき、100mlあたり0.5g未満を「糖質ゼロ」としています。
※3:100mlあたり0.5mg未満を「プリン体ゼロ」としています。

 

「サントリー オールフリー」概要

容量
350ml缶、500ml缶、250ml缶、334mlボトル
アルコール度数
0.00%
希望小売価格
設定無し
発売期日
2020年12月製造分から順次
発売地域
全国
品目
炭酸飲料
Webサイト
「オールフリー」ホームページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!