「東北魂ビールプロジェクト」8ブルワリーによるIPAの試飲会、3月7日に都内開催

2018-02-28

東北魂ビールプロジェクト

東北のクラフトビール醸造所7社、キリンビール仙台工場、スプリングバレーブルワリー(以下、SVB)が参加する「東北魂ビールプロジェクト」は2018年3月7日(水)、参加8社が同じレシピで醸造したビール「東北魂的IPA」の試飲会をSVB東京で開催します。

 

「復興支援に美味しいビールでお返しを」

東北魂ビールプロジェクト

「東北魂ビールプロジェクト」がスタートしたのは2011年11月。「震災時にいただいた多くの支援に美味しいビールでお返しを」と考えた東北のブルワー3社(いわて蔵ビール、秋田あくらビール、みちのく福島路ビール)が、ライバルとしての垣根を超えて集い、互いの技術を出し合ってビール醸造をはじめました。

その後、同プロジェクへの参加ブルワリーは年々増加し、東北7社に加え2017年11月からはキリンビール仙台工場とスプリングバレーブルワリーも参加しています。

概要「東北魂ビールプロジェクト」

参加ブルワリー
いわて蔵ビール(岩手)、秋田あくらビール(秋田)、みちのく福島路ビール(福島)、仙南シンケンファクトリー(宮城)、遠野麦酒・ズモナビール(岩手)、やくらいビール(宮城)、田沢湖ビール(秋田)、スプリングバレーブルワリー(東京)
Webサイト
東北魂ビールプロジェクト Facebookページ

 

同じIPAのレシピで参加8社がそれぞれ醸造

東北魂ビールプロジェクト

そんな「東北魂ビールプロジェクト」で、今回第8回目となるビール醸造が行われました。これまでは参加ブルワリーのうちの1社に皆が集まり、テーマを決めて技術を出し合い、話し合ったうえでビールを醸造する形でしたが、今回は8社がそれぞれ自社設備で同じレシピのビールを醸造。そうして生まれたビールが「東北魂的IPA」です。ホップを大量に使用した華やかな香りが特長で、東北産ホップ「IBUKI」も一部使用しているそうです。

8社が同じレシピで醸造しているため、ブルワリーの特徴や製法のこだわりを体感できるという「東北魂的IPA」。今回からはキリンビールが科学的な分析を担当していて、一層の技術向上も図られたそうです。

完成したビールはSVB東京をはじめとした全国のビアパブで提供予定。まずは3月7日にSVB東京で試飲会が開催されますので、興味のある方はお早目に予約をしてみましょう♪

 

「東北魂ビール」お客様イベント

日時
2018年3月7日(水)19時~22時
場所
スプリングバレーブルワリー東京
東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内
内容
・8種の「東北魂的IPA」の試飲および解説
・ブルワーとのトークセッション など
人数
先着100名様限定
価格
5,000円(フード、東北魂的IPA各種ビール各種込)
予約
TEL:03-6416-4960
※「東北魂プロジェクトイベント参加希望」をお電話でお伝えください。
WEB:https://www.tablecheck.com/shops/springvalleybrewery-tokyo/reserve
※「東北魂プロジェクトイベント参加希望」を、要望欄にご記入ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ