六甲ビール「瀬戸内レモンIPA」発売!自然栽培のレモンを活用

六甲ビール「瀬戸内レモンIPA」

六甲ビール醸造所(兵庫県神戸市)は2021年8月23日(月)、広島産の自然栽培レモン「DOHO STYLE 道法レモン」を使用したクラフトビール「瀬戸内LEMON IPA」を、3,000缶限定で発売しました。

 

果汁と果皮を発酵後半で投入

「DOHO STYLE 道法レモン」とは、広島県呉市の瀬戸内海に浮かぶ「豊島とよしま)」にて、肥料・農薬を一切施しない“DOHO STYLE”で育てたという自然栽培レモン。その希少なレモンを贅沢に使用し、IPAをベースに醸造したのが今回のビールとなります。

仕込みでは、レモンの果皮を白い部分があまり入らないように剥きながら、果汁も雑味が出ないように丁寧に搾ったうえで、果汁と果皮はビールの発酵後半時に投入。ホップも生のままさらに追加したとのことです。

ホップはアメリカ産のCitra、Simcoe、Amarilo、Loral、Cascadeの5種を使用。酵母によりホップやレモンの成分が分解され、より複雑な味わいのビールに仕上がったとしています。

 

「瀬戸内LEMON IPA」概要

商品名
瀬戸内LEMON IPA
容量
350ml缶
品目
ビール
発売日・地域
2021年8月23日(月)販売開始
原材料名
麦芽(イギリス製造、ドイツ製造)、レモン(広島産・道法レモン)、ホップ、オート麦、糖類
アルコール分
5%
味の特徴
・スッキリとした爽快な切れ味が特徴なレモンIPA。
・瀬戸内で栽培し、肥料や農薬を一切施していない「道法レモン」を使用。
・5種類のアメリカ産アロマホップがレモンの香りと混ざり合い、厚みのある柑橘感が楽しめる味わい。
希望小売価格
オープン価格
Webサイト
六甲ビール 公式オンラインショップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!