【11月末まで】東京のブルーパブ5店舗がクラフトビールで表現する秋 ~東京秋味造り~

2017-10-26

2017年10月24日現在、東京都内のクラフトビール醸造所を併設するレストラン(ブルーパブ)5店舗が、共同で魅力的な醸造イベントを行っていますので、ご紹介したいと思います。

 

秋をテーマにそれぞれビールを醸造

クラフトビール

「東京の秋を見つけに行こう!~東京秋味○○造り~」と銘打たれたこちらの企画は、都内で営業している5つのブルーパブが、“秋”という共通のテーマで思い思いに醸造したビールを提供するというイベントです。

醸造したビールは10月半ばから11月末まで、それぞれのブルーパブで順次開栓していく予定とのこと。各店舗での開栓状況はそれぞれのホームページやSNSで案内していくそうです。

東京の秋を感じつつ、今しか飲むことのできない“◯◯造り”な5種のクラフトビールを、全店舗を訪れてコンプリートするというのも楽しそうですね♪

 

イベント概要

参加ブルーパブと醸造ビール
十条すいけんブルワリー
「東京秋味十条造り」
カンピオンエール
「東京秋味浅草造り」
ワイワイジーブルワリー・アンド・ビアキッチン
「東京秋味新宿造り」
さかづきBrewing
「東京秋味千住造り」
シェアードブルワリー
「東京秋味八王子造り」
Facebookイベントページ
東京の秋を見つけに行こう!〜東京秋味○○造り〜

地図左上の四角いマークをクリックorタップすると、
「10月半ば〜11月末:東京秋味○○造り」のなかで
 参加している5店舗を確認できます。

 

いまだ続く、東京におけるブルーパブの開業ラッシュ

東京の夜景

それにしても、1~2年前から都内で続いているクラフトビール醸造所の開業ラッシュは、今年に入ってもその勢いがいまだ衰えていません。

当サイトは昨年2016年12月、「クラフトビール醸造所(マイクロブルワリー)の数が日本で最も多い地域は東京」というレポートを、都道府県ごとのブルワリー数比較とともにお伝えしました。

それから約1年が経った2017年10月下旬、昨年当サイトが確認しきれていなかったブルワリーや現在開業準備中のブルワリーを含めると、都内だけでも前年比約150%(!)という大変なペースでブルワリーが増え続けている状態です。

後日、改めて東京の全ブルワリーまたはブルーパブを、最新マップにして掲載したいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ