「キリン一番搾り」刷新!“麦のうまみ”を一層感じる味わいへ

キリンビール「キリン一番搾り生ビール」

キリンビールは2021年2月製造分より、同社のフラッグシップブランドとなるビール製品「キリン一番搾り生ビール(以下、一番搾り)」をリニューアルのうえ、順次切り替えを行います。

 

2020年10~12月は前年比1割増

1990年の発売以来、麦汁ろ過工程にて最初に流れ出る一番搾り麦汁を使う「一番搾り製法」で、多くの支持を得てきたという「一番搾り」。

酒税改正による350ml缶1本当たり7円の減税、そして「キリン一番搾り 糖質ゼロ」の好調も受け、2020年10~12月の「一番搾り」ブランド缶商品の販売数量は前年比約5割増で推移。「一番搾り」も同10~12月の缶商品販売数量は前年比約1割増となったそうです。

そんな「一番搾り」に関して、今回のリニューアルでは改めて製造工程の見直しを実施したとのこと。“麦のうまみ”をより感じやすくするために仕込条件を、“澄んだ味わい”を引き出すために発酵条件をそれぞれ最適化したとしています。

 

「キリン一番搾り生ビール」

商品名
「キリン一番搾り生ビール」
発売地域
全国
発売日
2021年2月製造品より順次切り替え
容量・容器
135ml缶、250ml缶、350ml缶、500ml缶、大びん、中びん、小びん、慶祝ラベル中びん、7L樽、15L樽、20L樽
価格
オープン価格
アルコール分
5%
販売予定数
約2,500万ケース(317,000kl)※大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!