サンクトガーレン、ローストビーフのような香り(!?)のビールを9.14~18に「肉フェス」限定販売!

2017-09-16

サンクトガーレンは2017年9月14日(木)~18日(月・祝)、東京・駒沢オリンピック公園で開催される「肉フェス TOKYO 2017 秋」にて、お肉と相性抜群のビール「肉厚(にくあつ)エール」を限定販売します。

 

焙煎感と燻製風味が相まって「飲むベーコン!?」と話題に

軽くローストした麦芽で香ばしい味わいを引き出した琥珀色のエールビールに、スモークした桜チップを漬け込んだ今回のビール。麦芽のロースト香とスモークチップの燻製香が混ざり合い、「お肉と相性抜群」という形容すら通り越して、ビールなのにローストビーフやベーコンなどの肉料理を思わせる風味に仕上がったとしています。

お肉の“厚切り”と、“厚”木のクラフトビール会社・サンクトガーレンがつくった“肉”のためのビールという意味を掛けて名付けられたこの「肉厚エール」は、最近はすっかりお馴染みの人気グルメイベントとなった「肉フェス」をはじめ、肉料理がメインになるイベントで限定販売。「ビールなのにローストビーフの香りがする!」「飲むベーコン!?」と話題になっているそうです。

サンクトガーレンブースではこのほか、先日お伝えした「甘熟桃のエール」、そして同社史上最大量のホップを使用した「Golden Haze IPA」を含め計8種のビールを販売予定です。お肉も限定ビールもがっつり制覇しておきたいですね♪

 

 

 

「肉フェス TOKYO 2017 秋」
<日程>
2017年9月14日(木)~9月18日(月・祝)
<時間>
10:00~21:00(平日:12:00~21:00)
<場所>
駒沢オリンピック公園 中央広場
東京都世田谷区駒沢公園1−1
<価格>
1杯 700円
※ 樽生限定販売となり、ボトル販売はありません。
<Webサイト>
公式ブログ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!