ベアレンが「イタリアンピルスナー」発売!ホップ使用量は約3倍

ベアレン醸造所「ベアレン ザ・デイ イタリアンピルスナー」

ベアレン醸造所(岩手県盛岡市)は2021年5月25日(火)、同社缶ビール「ザ・デイ」シリーズの新商品「ベアレン ザ・デイ イタリアンピルスナー」を、1年間の期間限定で発売します。

 

ドライホッピング手法を採用

2019年5月、岩手県雫石町に缶ビール専用工場を設立したベアレンが「ザ・デイ」シリーズの限定品2作目に採用したビアスタイル(ビールの種類)は、目下世界的に広がりはじめている新しいカテゴリー「イタリアンピルスナー」。ベアレンの得意とするラガービールの醸造技術を駆使して、幾度となく試作を重ねたすえに完成したとしています。

イタリアの小さなブルワリーがつくりはじめ、現在はアメリカのブルワリーなどが販売しているという「イタリアンピルスナー」。製造では伝統的なピルスナーの醸造過程に加えて、ドイツ系のクラシカルなホップをドライホッピング)して香りを引き出しているとのことです。

※ 煮沸の段階で入れて苦み・香りをつけるホップのほかに、発酵および熟成の段階でホップを直接投入することで、フレッシュなホップの香りをつける製法。

 

ベアレン醸造所「ベアレン ザ・デイ イタリアンピルスナー」

ベアレンは今回、そのドライホッピングを2度行うことで一層上品で豊かな香りを引き出したとのこと。ドイツ系の高級品種などを組み合わせたうえで、ホップ使用量は通常の約3倍におよんだそう。また、麦芽も通常より多く使用していますが、出来高は通常より少な目になっているとのことです。

苦みの数値「IBU」は同社既存商品「トラッドゴールドピルスナー」と同じ33ですが、使用するホップに由来して、少しあとを引く苦みが特徴になっているとのこと。アピアランスはクリアな黄金色で、口当たりは軽やかで心地よく、ふんわりと上品なホップの香りが感じられるとしています。

 

「ベアレン ザ・デイ イタリアンピルスナー」概要

原材料
麦芽、ホップ
スタイル
イタリアンピルスナー
IBU
33
アルコール度数
5.0%
販売開始
2021年5月21日(金)
希望小売価格
352円(税込)/350 ml
主な販売先
北山工場直売所、ベアレンWebショップ、直営レストラン、県内スーパー・酒販店・百貨店、県外酒販店・スーパー・飲食店・アンテナショップ他
Webサイト
クラシックビール「ベアレン」本店Webショップ
クラシックビール「ベアレン」ブランドページ(直営店情報含む)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!